いつまで嫌な仕事しとんねん!会社員辞めたら人生拡がった!真面目に稼ぐ力を身に着ける副業起業大学学長サトシの

楽しく働き楽しく生きる方法を辛口発信します

成功者続出!神速スクールの全貌はコチラ

会社員が絶対に手を出してはいけない株式投資の真実

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
副業起業大学学長:インターネットを使えば誰でも豊かに自由になれる! 実践者数百名、メルマガ読者累計7000名超、豊かなライフスタイルをキーワードに情報を配信しています。

貯金ゼロ世帯が40%という恐ろしい国となった日本の現状を憂い

日本人総1億資産形成をお伝えする総合ライフアドバイザー林です。

将来、老後に備えて資産形成しっかりできているでしょうか?

 

株式投資を始めてみます!?

前回のメルマガ限定記事

「日本人が知らない分散投資」の話を読んで

「株式投資を始めてみます!」

というメールをたくさんいただきました!

ありがとうございます。

 

 

ですが・・・

私は「株式投資」をお勧めしません。

もちろん「FX」も勧めませんし

「不動産投資」なんてもってのほかです!

 

「えっ?投資を勧めるんじゃないの?」

そう思う人もおられますが

投資をするならリスクが少なく利回りの大きなものをチョイスしないと

増えるものも増えないですし

投資をしたばかりに現預金が減り

普段の生活が苦しくなりかねません。

それでは本末転倒、意味がないですよね!?

 

投資は赤字リスクが大きいギャンブルだ

 

国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、
運用損失を出していることが金融庁の調べでわかった。
運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、
各行の販売・運用姿勢や商品の品ぞろえが、顧客の資産形成に影響を及ぼした可能性がある。

 金融庁が主要行9行と地方銀行20行の窓口で
投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。
顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、
46%の人の運用損益がマイナスで、損をしていたという。
購入した時期にもよるが、株価が上昇基調で比較的「損をしにくい」環境のなかで、
比較的多くの人が損をしていたことになる。

~引用 朝日新聞DIJITAL ~

「投資」という言葉ってすごく幅が広くて意味も様々。

 

世間では「投資にリスクはつきもの」と言いますが
究極の投資にリスクは存在しないんですよ。

 

いわゆる投資という意味では
私はそういうものにしか大事なお金を託すことはしません。

ビジネスへの投資も極力リスクは回避しますが
物販の場合どうしても値下げなどの「ロス」というリスクはありますよね。

ギャンブルをするなら仮想通貨などですが
これは投資ではありません、ただのギャンブルです。

無くなるのを覚悟でいれるお金です。
なので当然お好きな人以外お勧めしません。
そしてセミナーなどでお勧めされる仮想通貨は99%詐欺です。

 

株式投資を勧めない理由とは?

上の記事を見るだけですでに「半分損をしている」ということで
そんなのは投資でもなく丁半のギャンブル同然なのでお勧めできないですよね。

もちろん株式投資の才覚がある方はいいですし、
寝かせる資金力のある方はやっていただければいいですが、
普通の会社員などがやるにはリスクが大きすぎる、というお話です。


株式投資ってどういうことかというと、
当然「企業の成長」に賭けて投資をするわけですね。
この意味よく理解してくださいね。

そんな中で第一にデメリットが!

あなたが会社業績をコントロールできない

という点です!

金持ち父さんで有名なロバートキヨサキ氏も
この理由で株式投資はしない。
株式は一切持っていない、と言われています。

あなたが業績をコントロールできないので
うまく行くか?マイナスになるか?

それはどうしようもないこととなります。

株は儲からない?

メディアでは「株で儲かった人」などを特集するため
株は儲かりそうなイメージがありますが

「データ」を見ると怖くなります。

 

2012年に日本最大の個人向け投資助言会社
アブラハムプライベートバンクが累計投資金額

300万円以上の個人投資家(平均年収477万円)、
1000名にアンケートを行ったところ

株に投資をした人の7割以上が損失を出し
また損失の平均金額は533万円!

と、年収以上の損失を出し、利を得た人は2割しかない!

 

というデータが出ています。

一部を掻い摘んで報道されるメディアと違い
トータルでの「データ」を見れば勝率は一目瞭然です。

そんなリスクの大きなものに投資をするのは
賢い選択とは言えないのではないでしょうか?

 

リスクの割に低い利回り

7割が損失、1割がトントン、2割が儲かる

そのような市場で利回りを見たときには
一般的に株式、証券投資の世界では

わずか、「年利8%」

出せればそのトレーダーは優秀と言われています。

8%といえば、100万円を投資して1年後108万円になる
その差額8万円が利益になる(手数料、税金は考慮していません)

という計算です。

ですが、ビジネスで稼ぐとなるとどうでしょうか?

私もインターネットを駆使し商売を行っていますが

だいたい、一般的に平均すると
100万円の仕入れを起こせば、
40万円くらいの利益が出ます。

※うまくやれば100万円から500万円にすることも出来ますが
ここでは一般数値を用います。

これは1か月の利益ですので、1年に直し単純に複利で計算しますと

100万円の投資で月利40%1年後のお金は?

5600万円ほどになります(税金、手数料は考慮せず)

 

では、先ほどの株式投資の例に直してみましょう。

利回り8%で年間5500万円のリターンを出そうとすると

実に投資資金「6億8750万円」必要!ということになります。

非常に効率が悪いことがお分かりいただけるでしょうか?

 

会社員は株式投資やめろ

ビジネスで稼ぐようになると、
年収3000万、1億も可能となりますが

一般に天井が低い会社員のお給料で生活費、老後の蓄えを残し
その微々たる余剰資金で株式投資をして利益が出たところで

利回りが小さいのですから、いつまで経っても
経済的自由を手にすることはできないのです。

年間切り詰めて100万円を作り株式投資をしたところで
7割の損失確率にうまく行っても年間8万円の利益しか出ない!

それが株式投資の世界です。

余剰資金1億円あるなら年間800万円見込めるので
お金が余ってから考えるべき選択肢

それが株式投資といえます。

 

FXの真実

先ほどの一般個人投資家1000人のアンケートで

損失が大きい投資先

というワースト3が公開されていますが

投資の損失割合ランキング

1位。投資信託(30.7%)

2位。株式投資(28.6%)

3位。FX(25.0%)

(損失割合)

となっています。

損失を出した先の割合なので、どれが損を出す確率が高いか?
ではありませんが、いわゆる個人投資家が損を出す投資先ランキングの
3つが上記となります。

株もFXもそうですが、自分でコントロールできるポイントが少なく
工夫をしてどうにかなるものではありません
その分野のプロが高度なシステム、プログラムを駆使しているのですから

素人が安易に取り組んで簡単に勝てるものではない!
ということは理解できると思います。

 

次回は・・・

これもまた、会社員の投資先として人気ですが
絶対にお勧めしない投資先を公開しますね!

あなたの大事なお金はリスク無く増やしていきましょう!

今日もお読みいただきありがとうございます

 

知らないと損するお金の話7日間無料集中メール講座はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
副業起業大学学長:インターネットを使えば誰でも豊かに自由になれる! 実践者数百名、メルマガ読者累計7000名超、豊かなライフスタイルをキーワードに情報を配信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© そんな会社辞めたらええねん! , 2018 All Rights Reserved.