日本で一番わかりやすい銀行の仕組み、信用創造とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

海外金融、海外不動産で真の豊かさをお伝えする
資産形成アドバイザー林です。

以前にfacebookか何かで

「お金は勝手に増える性質を持つ」

というお話をしたのですがご存知でしょうか?

それについて、いくつか質問が来ていましたので

お金が勝手に増える!

ということの根本理由についてお話しようと思います。
少し長いので、コーヒーでも入れてゆっくり落ち着いて
読んでいただければと思います。

 

■お金は勝手に増える性質を持つ

このお話を考える時には「お金の出発点」である
銀行の仕組みを理解する必要があります。

○銀行の仕組みとは?

銀行とはもともと昔をたどれば金庫業者で、
金持ちから金貨を預かって金庫に保管し、
その預り証を発行して金持ちに渡していました。

この預り証を銀行(金庫業者)に持っていけば、
いつでも金庫の中の金貨と交換してもらえる。
だから金貨をいちいち銀行から持ち出さなくても、
預り証を金貨の代わりに取引に使うようになった。

この預り証がいまの紙幣・お金です。
やがて金貨の代わりに銀行券がおカネとして流通するようになったのです。

○又貸し

銀行は金貨を預金者から預かっているわけですが、
預金者の許可を得れば、これを貸し出す(又貸し)ことで利息を得ることができる。

そこで、金貨を貸し付けることで得られる利息の一部を
元の所有者である預金者に支払うことを約束して、金貸し業を始めたわけです。

つまり、預金者に支払う利子よりも、貸出しで得られる利子が高いので、
安く借りて、高く貸す。
それにより銀行は利益を得られます。

借金の金利が高くて預金で支払はれる金利は低い。
これが銀行のビジネスモデルです。

例)金利0.001%でお金を預金者から借りる→企業、個人に金利5%で又貸しする
金利の差分が利益になる。

これが「預金金利」の始まりです。
そして銀行は「金貨」でおカネを貸すのではなく、
金貨の預り証として発行していた銀行券を用いて貸し出しをしたのです。

なぜなら?
金貨(現金)で貸し出しを行えば、当然ですが
保管している金貨以上のおカネを貸すことはできないですね。
仮に1億円の現金を預かっていて、現金で又貸しすれば1億円までしか貸し出せない。

そこで、金貨などの現金ではなく
「銀行券」で貸し出しを行えば、金持ちから預かっている以上のおカネを
貸し出せることに銀行は気が付いた。

しかし、銀行券は基本的に紙で出来ているだけなので、
刷ればいくらでもできる。
金庫に保管している以上の金額の銀行券を発行してもバレる心配はない。

なぜなら銀行が保管している金貨の量と、発行している銀行券の量を
突き合わせてみる人は誰もいなかったし、
金貨と銀行券を交換に来る人はほとんど居なかったから
金貨が足りなくなることもなかったわけです。

こうして銀行は預かっている金貨の何倍もの銀行券を発行して
企業や個人に貸しつけ、莫大な富を築いたわけですね。

 

■信用創造

そのような仕組みを「信用創造」と呼ぶます。
銀行はこの「信用創造」で成り立っています。
今の銀行は「現金」を貸しているわけではないですね?

「現金」ではなく「預金」を貸しています。
これは昔の銀行が金貨ではなくて銀行券を貸していたのと同じことなのです。
そして昔の銀行が預かっている金貨の何倍もの銀行券を貸し出ししたのと同じように、
いまの銀行も預かっている現金の何倍もの預金を貸し付けています。

これを銀行特有のレバレッジと表現することもあります。

現在の銀行が企業にお金を貸すというのは、その企業に
「残高の記帳された通帳を渡す」ことにすぎません。

これは「与信」と言われ「お金を使う権利」を授けることであり、
金庫の中の1万円札(現金)そのものを渡すこととは、全然違います。

現金を渡すと銀行の金庫から現金はなくなってしまいますが、
「残高の記帳された通帳を渡す」こと、すなわち、
与信を与えることは、
ただ通帳上の数字を書き替えるだけのこと、「データ」なので
制限なく無限に「お金を生み出せる」という点で全く違います。

 

■信用創造・銀行法・預金準備率

このように銀行は「信用創造」により
手持ちにある以上のお金を好きなように作りだす錬金術を
持っているのですが、そのまま放置しておくとおかしなことになるので
「銀行法」の中の「預金準備率」という制度で制限を設けられています。

これにより、国によって数字の違いはあるのですが

銀行が手持ちで持っている、預かっているお金の10倍~100倍までは
手持ちがないのに信用創造で増やして貸しだしていいですよ!

というものなのです。それが法律で認められているのが銀行です。

つまり、実際に世の中にあるお金(紙幣)の金額(量)は同じなのに
「データ上」のお金は際限なく増えていくことがわかるでしょうか?

例)銀行に1億円の預金者→銀行の保有金額1億円

預金準備率10倍とすると現金は1億円しか持っていないのに

10億円を企業や個人に貸し出すことが出来る。

○1億円を金利5%で貸し出した場合 年間500万円のお金を生み出す。

預金準備率10倍で信用創造による仮想上の10億円(実際は1億円)を
同じ5%で貸し出した場合

年間5000万円のお金を生み出す

つまり、実際には手元の1億円しか無いわけですが
50%の利息を生み出したことになる。

これが法律によって認められた銀行の仕組みなのです。

▼闇金、個人の金貸し場合

1億円を5%で運用した場合、手元現金の1億円しか回せないので
500万円のリターンしかない。

貸出相手に「与信」を与えることが出来ない。

■銀行は錬金術工場

では話を戻して銀行のビジネスはなんだったでしょうか?

そう!

「お金を貸すこと」がお仕事です。

預金者からお金を借りて、他の人(企業)に
又貸しすることがお仕事です。

例えば、イメージですが

銀行がAさんから1000万円預かります(借りてる)→ 銀行保有金額1000万

そしてBさんが銀行から1000万円借りるとします。→銀行保有金額0万円

にはならないのです。

なぜなら?「与信」という形で通帳残高に記入するだけなので

Cさんにも1000万円Dさんにも1000万円Eさんにも1000万円・・・

と手持ちのお金は1000万円しかないのに

その国の法律によりますが1億円~10億円くらいは貸し出して

貸し出し利息を稼ぐのが銀行です。

 

■お金は勝手に増えるのだから

で、この1000万円借りた10人くらいのBさん~Kさんが
銀行に預金として預けたらどうなるでしょうか?

銀行は1000万円を貸し出して、信用創造により
事実上1億円を保有しているのと同じことになるのです!
(頭がこんがらがりますが、おもしろくないですか?)

 

つまり実際には現金は1000万円しかないのですが
全部を回収すると1億円~10億円に増えていることがわかるでしょうか? 

そこで、実際には銀行にある現金は1000万円しかないので
全員が一斉に引き出しに来ると現金が足りなくなるので
困りますよね?

そこで銀行の銀行といわれるお金を刷ることが可能な
「日銀」が貸し付けるので大丈夫なのです。

この存在しないはずのお金が10倍100倍と増えていくわけですが
その源泉は?

・借りる人がいる!

からなのです。

つまり「人口」と密接に関係するわけですね。

人口が増えると衣・食・住を始めとするあらゆる経済活動が回ります。
それに伴い、お金を借りる人がいる、増える。
ですので、人口増加に伴い「お金は勝手に増える!」
ということになります。

私が小学生の頃の世界人口は45億人と聞いていましたが
現在では75億人と言われていますね!

世界人口は毎年1億人増えているといわれており

それに伴って「お金は増え続ける」ものなのですが

日本だけで見た場合、毎年30万人もの人口が減っているので

「お金は勝手に減る」ということになります。

つまり、海外に目を向けたときにお金の話は

「勝手に上がるエスカレーターに乗っている状態」

なのに対し

日本でお金を増やすのは

「下りのエスカレーターを逆走する行為」

ですからハードルが高いわけです。

せっかくお金は勝手に増える性質をもつなら
勝手に増やしませんか?

それとも増えないほうがいいですか?

お金の話って面白いですよね!

勉強になったよ!

という方は「いいね」いただけるとうれしいです!

普通の会社員でも1億円の資産形成は可能です、
年間3000人以上が学んでいる知らないと損するお金の話、

7日間集中メール講座無料で学べます、登録はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。