いつまで嫌な仕事しとんねん!会社員辞めたら人生拡がった!真面目に稼ぐ力を身に着ける副業起業大学学長サトシの

楽しく働き楽しく生きる方法を辛口発信します

成功者続出!神速スクールの全貌はコチラ

知らないと損するお金の話 ~あなたの資産が減る理由~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
副業起業大学学長:インターネットを使えば誰でも豊かに自由になれる! 実践者数百名、メルマガ読者累計7000名超、豊かなライフスタイルをキーワードに情報を配信しています。

資産価値が目減りする理由

前回の記事では年月を経るとともに
徐々にインフレに推移する事実から
手持ちの金額自体は減らなくても、
「価値」が減ることを解説しました。

 

常に政府方針でもインフレになるように打ち出していますので
この状況はどうしようもないことであり、
そのための対策をしないことには資産は減る一方。ということです。

 

どれくらい資産が減るの?

 

年月と共にインフレになりお金が減るのはわかったと思いますが
(一時的にデフレであっても)
上記の表は1000万円の手持ち金がインフレ率1~4%で年月を経たときに
どれだけ減っているのか?について示しています。

で、気になるインフレ率は
1970年代は9%程度、1980年代は2.4%であったとされ
過去10年、2015年末では日本の長期的なインフレ率2.7%を大きく上回っているともいわれています。

もちろんオイルショックやバブル、戦争などの要因で
100倍、300倍ともなりえる物価ではあるが

少なめに見積もって現在の指標の
その2、〇%のインフレ率を上回る
利回りでお金を増やさないと、どうあがいても

減る!!

 

ということであり
表を参考に見るとインフレ率が仮に3%とするなら
1000万円の現金は20年後には価値的に554万円になり
ほぼ半分無くなったのと同じであることを意味します。

ここまでは現代日本の行く末として「常識のレベル」ですが
ハイパーインフレにもなればこんなものではすみません。

 

ハイパーインフレーションとは

最低でも国際会計基準の定める3年間で累積100%(年率約26%)の物価上昇、
フィリップ・ケーガン(英語版)による定義では月率50%(年率13000%)を超える

物価上昇を『ハイパーインフレーション』と呼んでいるとされており
想像をこえるものではあるが、実際に日本を含む世界中でハイパーインフレは起こっており
例えば物価が1000倍になれば1000万円で1万円のものしか買えないわけで
実際にジンバブエでは物価は650万倍に上昇した。
つまり、650万円が1円になってしまうようなものである。
6億5000万が650円の値打ちしかないことになる。

 

とにかく増やすしか方法はない

ハイパーインフレが起こるかどうかはわからないが
インフレは年月と共に進んでいるわけで
なんにせよお金は「減る以上に増やす」ことをしないと
現実に今も減り続けているのです。

 

日本の利回り

そこでタンス預金ではなく金利がつくように、銀行に預けたりすることを
ほとんどの日本人は考えるわけですが
前述しているように、インフレ率以上の利回りでないと
お金は減り続けるのです。

2017年現在の三菱東京UFJ銀行(年0.010%)、ゆうちょ銀行(年0.010%)

ですし、引き出すにもお金がかかり、

預けた方がお金が減る状況

といえますね。

 

でも、本当の富裕層はインフレ率を大きく上回る金利で
お金を運用し、増やし続けている!という事実があります。

そのようなトップ5%の富裕層しか知らない
お金の話をセミナーでお伝えしています。

あなたが知らないお金の勉強メルマガはコチラ

この記事を書いている人 - WRITER -
副業起業大学学長:インターネットを使えば誰でも豊かに自由になれる! 実践者数百名、メルマガ読者累計7000名超、豊かなライフスタイルをキーワードに情報を配信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© そんな会社辞めたらええねん! , 2017 All Rights Reserved.